ブレイクダンスに筋トレは必要か?実体験と世界のbboyを見て考察

Bboyの間でよく話題に上がるのが、筋トレは必要か否か、という話。

人によっては必要だ!と言ったり、練習してればBboy用の筋肉が勝手に付くから

必要ない!と言ったり、結局どっちなんだよ!ということで

今回は私の実体験や、世界レベルのBboyを見て考察していこうと思います。

スポンサーリンク

実体験 筋トレしたらパワームーブが上手くなった話

自分がブレイクダンスを始めたての頃、パワームーブの基本

と言われるウィンドミルを練習していました。

しかし、ウィンドミルはパワームーブの基本と言われてますが、

覚えるのには相当苦労しました。一年ぐらいかかったかな。

特に難しかったのが1周半~2周目辺り。

腰をバンバン打って凄い痛い思いをしました。

でも、腕の筋トレをしたら2周目が抜けるようになったんですね。

あれよあれよと5週目ぐらいまで出来るようになって(形は汚いけど)

ウィンドは腕の筋肉が必要だ!と思うようになりました。

実際、ウィンドは返す時にガッツリ腕で体重を支えますし

(ノーハンドは違うけど)、

たしかに腕の筋トレは必要なんじゃないか?と思います。

他には、腹筋を鍛えたらトーマスの腰がやたら上がるようになったり、

背筋を鍛えたらワンハンドキープや、片手肘上げが伸びるようになったり、

筋トレによって技の精度が上がるようになりました。

以上の実体験から思うに、

ブレイクダンスではムーブに必要な筋肉をつければ

技の精度が上がるというのは間違いない、と思います。

まぁスポーツ選手が筋トレをやっているのと一緒ですよね。

なんだかんだでブレイクダンスのパワームーブの動きは

筋肉を使いますからね。

が、間違ってはいけないのが、

パワームーブに必要のない筋肉を付けてしまっては

むしろ逆効果だということ。

無駄な筋肉が付くと体重が重くなり、

技の精度も落ちます(これも実体験あり)

ブレイクダンスやっていて胸筋は殆ど付かないので、

ストロングやる人以外は胸筋鍛える必要はないでしょう。

筋肉を先に付けるんじゃなくて、まずは技の練習

では、パワームーブを覚えるには筋トレから始めた方がいいのか?

というとそれも違う気がします

そもそも実際にパワームーブを練習してみないと使う筋肉なんて分からないし、

最初から筋肉付けるよりも、まずはやりたい技を練習することが大事だと思います。

なので、練習中のパワームーブが覚えられなかったり、スランプに入ったりした

時にその技で使う筋肉をトレーニングする

と、技が覚えれたり、身体の使い方が分かったりすると思います。

世界のMOUNIRのトレーニング

bboy Mounir(ムニル)といえば、

RedBull Bcone2012の覇者として有名ですが、

MounirはBboyingを一種のスポーツとして見ているようで、

アスリート並の筋トレをしているそうです。

そんなMounirの練習風景がYouTubeに上がっていました。

自宅かな?

海外では自宅で練習するのが当たり前で羨ましいですね。

踊る前に縄跳びを使ったトレーニング、懸垂など行っています。

Mounirは安定したムーブを毎回見せていますが、

その裏にはこうした激しいトレーニングの努力があるんですね。

こういう実績のあるBboyの練習風景を見ると、

筋トレって大事だなと思ったりしますね。

ちなみに、日本のBboyだと

Dragonさんがレッスン後に筋トレをしているという話があります。

パワームーブを多用する人は、筋トレを練習メニューに

入れてみるのも良いでしょう。

おすすめ筋トレグッズ

まとめ

・筋トレはパワームーブが上手く覚えられない時にすると良い

・パワームーバーは筋トレを練習メニューに取り入れてみるのもいいかも

スポンサーリンク

記事が参考になればシェアお願いします☆

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です