ブレイクダンスの技の難易度を紹介!パワームーブの習得日数は?

ここから中~上級の技となります。

技の難易度が増すごとに怪我もしやすくなるので、

練習の際はサポーターの着用、準備運動を忘れずに行って下さい。

6 ヘッドスピン

参考Bboy:Aichi(Quest Crew)

手を付いて回るのがコンティ、手を離して回るのをグライドと言います。ここではグライドでのレベルを6としました。ステッピンよりは少し難しいかな?という印象。

動画はヘッドスピンでギネス記録を取ったこともあるAichi。よくCMでヘッド回ってますね。見たことある方も多いでしょう。

難易度7~10(上級編)

7 Aトラックス(ヘッドロール、ヘイロー)

参考Bboy:CHIBITA(STAR TREK)

ウィンドミルとヘッドスピンの中間のような技。安定して連続で回るにはかなりの練習が必要です。動画はbboy CHIBITA。ここまで派生出来る人は中々いません。

8 1990(ナインティ)

参考Bboy:Cico(イタリア、Spin Kingz)

この技は何週で定義するかで大分難易度が変わりますが、ここでは3周以上出来た難易度としました。この技は大まかに分けるとドリルとエンドレスと二種類あり、ドリルは足を閉じて回る1990、エンドレスはひたすら長く回る1990です。エンドレスでは足を卍にして回りますが、これがかなり難しいです。日本でアベレージ5周以上出来る人は数えるほどしかいません。

イタリアのCICOは27周というギネス記録を持っています。やべぇー。

9 エアートラックス

参考動画:全人舞2012 エアーコンテスト

この技が出来ればパワームーブ上級者と言えるでしょう。難易度は最高峰、オリンピックの体操選手ですら習得に半年かかるようです。かなり難しいので根気強く練習しないと出来ません。

10 リアルワンハンドエアー

参考B-boy:C-Lil(ラオス、Laobangfai Crew)

エアートラックスを片手で飛ばし、飛ばした手でキャッチするという大技。

恐らく現時点で存在するパワームーブの中で一番難しいと思います。

日本人で連発出来る人は見たことがありません。

海外だとラオスのC-Lilが5連発、韓国のpocketが4連発(2015年9月時点で)出来るようです。ヤバすぎですね。

パワームーブの習得日数は?

習得日数については人それぞれで違います。元々の身体の差とか出来る技とか、練習の濃さとかで大分変わってきます。ただ、パワームーブって大体どれくらいで出来るんだ?と疑問に思う方も多いと思うので、一応参考程度に自分が周りのBboyを見てこれぐらい!というのを載せておきます(あくまで参考程度にお願いします)

周数:平均3周以上綺麗に回れる

ハンドグライド 3日~2ヶ月

スワイプス 1週間~1ヶ月

ウィンドミル 3ヶ月~1年

トーマス 3ヶ月~1年

ステッピン 半年~1年(平均20回以上跳べる

ヘッドスピン 半年~1年半(平均10周以上綺麗に回れる

Aトラックス 半年~1年半

1990 半年~2年半

エアートラックス 1年~3年

リアルワンハンドエアー ??

最短期間はその技のみをほぼ毎日やりこんだ場合です。

エアー、1990に関してはかなりやりこまないと出来ないですね。リアルワンハンドエアーに関しては完全に未知の領域ですね…。

勿論、ウィンドやトーマスが3日で出来たという人もいますし、元々並外れた運動神経がある人は早く覚えることがあります。あと小さい子供は体重が軽いので割りと直ぐに覚える傾向にありますね。

ブレイクダンスではここで紹介した技以外にも沢山の技がありますし、日々新しい技がBboyによって作られています。

やり込めばどの技だって出来ると思うので、動画に撮って研究してどんどん練習しましょう!

スポンサーリンク

記事が参考になればシェアお願いします☆

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です