ブレイクダンスの技の難易度を紹介!パワームーブの習得日数は?

ブレイクダンスの技と言えばいわゆるパワームーブがメインとなりますが、その技の難易度って定められてないですね。

ダンスはスポーツではないので定める必要がないともいえますが、ある程度の目安として難易度を決めれば参考になるのでは?と思ったので、現役Bboyの管理人が実体験も含めて技の難易度を紹介します(なるべく客観的に)

スポンサーリンク

難易度1~3(初級編)

1 ハンドグライド

参考Bboy:Joker(廻転忍者)

人型チェア状態で片手で回るハンドグライド。人型チェアが出来れば後は漕ぐだけで出来るので、ブレイクダンスでは一番簡単な技と見ていいでしょう。簡単なので床が滑りやすければ文化祭等でも使いたいですね。ただ、簡単な技と言えど動画のjoker並に極めればとてもカッコイイですね。

2 スワイプス

参考動画:BattleCityvol10:耐久スワイプス

片足付いた状態で身体をひねり、足を回すこの技。パワームーブの中では珍しく足を付くんですね。この技はハンドグライドと比べるとコツを覚えれば直ぐ出来ますが、足の回し方が少し複雑なので2にしました。一時期オワコンな技でしたが、最近はフットワークに混ぜて使う人が増えたため、やる人が多いです。にしても大勢でスワイプスやってる動画は面白いですねw

3 ウィンドミル

参考Bboy:Hide(E・XMEN)

ブレイクダンスの代表的技であるウィンドミル。これをやりたくてブレイクダンス始めた方も多いのではないでしょうか。一番最初に覚えるべき技、なんて言われていますが結構覚えるのに時間はかかりますね。ハンドグライド、スワイプスに比べると少し難しいです。

動画はパワームーバーのHIDE。足の開き具合、スピード、キレ、かなりヤバイですね。

難易度4~6(中級編)

4 トーマス

参考Bboy:Taisuke(THE FLOORRIORZ)

元々器械体操の技「開脚旋回」がブレイクダンスで使われるようになり、現在ではウィンドミルの次に有名な技ですね。トーマスは連続して回るのがウィンドと比べると難しい為、中級の技の4としました。

動画ではTaisukeが30周回っています。30周回れるBboyは中々いないでしょう。

5 ステッピン(ワンハンドラビット)

参考動画:B-Show Vol.44 縦系コンテスト

片手倒立でぴょんぴょん跳ねるこの技。ラビットの派生ですが、トーマスより少し難しいかな、という印象。ちなみにラビットの難易度は2ぐらいですね。

日本にはJUJU,ASHITAKA,GeN等世界トップレベルの縦系Bboyが多いです。

動画は日本の縦系なら誰もが注目するB商の縦系コンテストです。

スポンサーリンク

記事が参考になればシェアお願いします☆

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です