【初心者必見】ダンススクール・インストラクターの上手な選び方!

ダンスを始めたいけど初心者はどういったダンススクールに通えば良いのか?

ダンススクール・スタジオは最近増えてきていて、日本でダンスを習いやすい環境は整ってきたと言えます。

でも、どうせ通うなら自分に合った良いダンススクールに通いたい…

そこで、インストラクターを経験したことのある私が、ダンススクール・インストラクターを上手に選ぶ方法を教えます!

スポンサーリンク

1:自分の目的に合ったダンススクールを選ぶ

dance

まずダンススクール選びにおいて最も重要なポイント。

それは自分の目的に合ったスクールを選ぶことです。

ダンススクールとひとくくりで言っても、実は色んな所があります。エクササイズ目的のスクール、子供向けスクール、楽しむ目的のスクール、実力者・プロを目指すスクール…

勿論全て兼ね備えているようなスクールもありますが、どこもスクールの「色」がありますので、自分がダンススクールに通うことの目的をきちんと考えた上で自分の色に合うスクールを選びましょう。

ネットで「ダンススクール ○○(地元名)」と検索すると地元のスクールのサイトが出てきますので、一つ一つチェックし自分の目的に合うスクールに目星を付けましょう。

2:インストラクターの名前をyoutubeで検索かける

dance3

次に自分のやりたいジャンルが決まっている方は好きなジャンルの先生を、ジャンルが決まっていない方は「ストリートダンス入門」や「フリースタイル初級」等を選び、習いたい先生の名前をYouTubeで検索しましょう

〇〇先生の場合(〇〇 地元名、○○ battle、〇〇 show 、など)

今はネットで気軽に情報発信出来る時代。現役のダンサーであればYouTubeに動画が上がっていて当たり前です。出てこなかった場合、知り合いから仕方なくイントラ頼まれたとか、そもそもコンテストやバトルの経験が少ないレベルの低いダンサーの可能性があります。

オススメは自分のアメブロとか、YouTubeチャンネルとかを更新してるイントラ

日記や動画を見ればその人のダンス熱、人柄、実力がわかると思います。

ダンスバトルやコンテストに積極的に出ているダンサーは、人脈も広くて最新のダンスに詳しく、イベント情報も沢山知っています。

3:ダンススクールの見学や無料体験に通う

dance2

目星を付けたダンススクールへ見学・無料体験に行きましょう

これはどこのダンススクールでも必ずと言っていいほど可能で、見学なら基本的にタダ、体験レッスンもスタジオによってはタダです。お金をケチりたい、見るだけでいい人は見学、一回体験してみたい!人は体験レッスンを受けましょう。

行くのが怖い?安心してください。インストラクターは初めて来た人には気を遣ってくれる筈です。

実際にスクールで体験しないとダンススクールの雰囲気、インストラクターの良し悪しは分かりません。「ここ自分に向いているな」と思った所を選びましょう。

以上がダンススクールを上手に選ぶ方法になります。

続いて、より良いスクール・レッスンの選び方についてお話します。

1:生徒のレベルに注目

スクールのレッスンは「初級」「中級」などレベル別に分かれていることが多いですが、

このレベルはあくまで目安です

なので実際に体験してレベルを肌で感じましょう。

インストラクターは生徒のレベルに合わせて指導するので、初心者の割り合いが多ければ初心者向けのステップを、中級者が多ければ中級のステップを教えます。

なので、通っている生徒のレベルに近いレッスンを受けることをオススメします

2:少人数の方が良い

これは実力を付けたい人に考えてほしいことで、生徒の人数は多ければいいってものではありません。生徒が多すぎると先生が個別に教えてくれる時間が少なくなります。

また場所が狭く、踊りにくかったりします。

オススメは5人~10人ぐらい

適度に人がいて楽しく、なおかつ先生から個別に教わりやすいです。

続いては最近増えてきたダンススクールの囲い込みについてお話します。

スクールの囲い込みに注意

「囲い込み」とは「うちに通っている間は他のスクールには通っちゃダメよ」という意味。

プロ育成スクールでは「このスタジオ以外で練習するな」と言う所もあります。

(マジであります)

囲い込みがある場合、入会の際や、レベルの高いクラスに入る前に前もってスクール側から言われますが、よくよく考えてから入ってください。

キッズダンサーを持つ親御さんは特に。

もちろん、そのスクールの先生のダンスをしっかり受け継ぐことが出来、

上手くなりやすいということもあります。

若い内は色んな先生から吸収したい、

と思う方は囲い込みには入らず、自由に通える所へ行きましょう。

最後に、良いインストラクターと悪いインストラクターの見分け方についてお話します。

良いインストラクターの特徴

・挨拶をしっかりする

・遅刻をしない

・空いた時間に話しかけてきてくれる

・レッスン中に一人ひとり回ってくれる

・ダンスの振り付けを作りこんできてくれる

・振りが使い回しじゃない

自分の経験上、こんな感じです。

悪いインストラクターはこれの逆です。

(勿論イントラによって考え方はそれぞれあるので一概には言えませんが。)

挨拶、遅刻は当たり前ですがたま~~にダンスだけ上手くて生徒を舐めてるイントラもいるので注意。こういう人は平気で遅刻をしたり、自分の好きな子にばっか教えます。

初心者ってレッスン中にステップが出来なくて気まずくなる人もいると思います。なので空いた時間に話しかけてくれたり、レッスン中に一人ひとり回ってくれる先生は生徒の気持ちを考えている良い先生が多いです。

振り付けを使いまわしたり、振りを考えてこずに、思いつきで振りを完成させるイントラはテキトウなので注意。やっぱり、プロのきちんとした振り付けを習いたいですよね。

以上、長くなりましたがインストラクター経験のある私が教える、

ダンススクール・インストラクターを上手に選ぶ方法でした。

これからダンススクールに通われる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

記事が参考になればシェアお願いします☆

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です